お読みあそばせ

本とか映画の感想文

続!PC、お前…死ぬのか…

PCの調子が引き続き悪いので、クリーンインストールしていた。クリーンインストールすると改善されるので、やっぱりアプリやOSのなんかしらの噛み合わせがよくなかったんだと感じる。
一通り必要なアプリをいれて、homebrewやらnodebrewやらrbenvを入れてrailsやgulpが動くようにするか! と気合を入れ、bundle installすると見たことないnokogiriエラーがでた。またおまえか。Early2015にするときは自分で解決できたけど、なんだこれは……。試行錯誤したけどイライラしてきて、よくないと感じたのでバックアップから復元した。パーミッションのエラーで、一応権限変更したけど一向にインストールできない。今冷静になって探したらこのへんで解決できるような気もする。

qiita.com

リモートなので会社のプログラマーさんに聞けばいいんだろうけど、気後れしちゃうのはリモートワーカーあるあるかもしれない。もうすぐ新しいOSが出るという噂があるので、新しく前にクリーンインストールしちゃいたかったのに。週末に新OS出たら悲しみで谷ができそう。
他にもこんな不都合があった。

  • 1Passwordの拡張機能が新しく入れ直すと6に対応しない
  • TotalSpaces2、前のバージョンを入れてから最新バージョンを入れ直さないとセキュリティとプライバシーにチェックが入らない
  • AppleID、1日1回認証したら2回目は通らない

別に新しいのを買ってもいいんだけど、ハード的に問題がないのに買い換えるのがめちゃくちゃもったいない気がする。新しいMacBook Proは天板のアップルマークが光らないのもイヤだし(今のマシン、そこに光る大仏のシール貼ってあるので)。
そんなことより1Passwordの拡張機能が6に対応してないほうがショックだ。どうやら新しく入れ直すと対応しなくなるみたい(Vivaldiです)。買い切りなら7にしてもいいかなあ……。絶対2年以上は使うし。ライセンスをみたら5から買っていた。ニュースサイトみると4/5のユーザーは6に無償アップデート対応とのこと。つまり6のリリースは2016年1月なので3年以上使っている。買いきりでよくない!? って思ってしまうじゃん。貧乏性なので。
Adobeに対してはほとんど税金と同じ感覚で払ってるけど、便利とかいう感覚はなく、OSの都合でCS5から乗り換えるしかなかった。Adobeの代替としてAffinity、悪くないと思うけどイラレのデータを開くと文字化けやレイアウトずれがあり、個人的に使うにはいいけどチームで使うデータにはまだ難しいところがありそうだった。

嬉しかったのはTogglのアプリがめっちゃいい感じになったいたことである。ずっとダサいUIだったのに、なんとかならんのか……? と思ってApp StoreからDLしたらなんか新しいUIになってた。おい、公式! メールなりなんなりでアナウンスせーや!*1
しかしその程度の安堵では、これから待ち構えるクリーンインストールという壁登りの憂鬱を取り払えるはずもなく、PCとの格闘は続く。

*1:App Storeじゃなくて公式からDLしていたのを使っていた。