お読みあそばせ

本とか映画の感想文

淡々と事実を切り取ったものの画角が全然あってない「ダンケルク」

を、見ていました。8月から9月にかけて結構映画を見たと思ったんですが、思っていただけで、ハイローを4回も見ていたからで、他はダンケルクスクランブルしか見ていませんでした。

ダンケルク、淡々と事実を描写した感じが好きでしたが、映画を見慣れていない人はつまんないと思うかもしれない。事実を描いた最近の映画だと「パトリオット・デイ」のほうが楽しめるでしょう。私は興味深く見ました。
唯一思ったのは「画角が全然合ってねえ」という1点につきます。普通の映画館では画面がすごく狭くて、おかしいなと思ったらその通りでした。IMAXでも全く足りてない。ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に遠征した人だけが日本で正解値に近い画角で見られたのではないでしょうか。ただ、戦争の音がすごい! のでせめて音だけでも楽しみたくて、IMAXで見ようと思いましたが2回行くほどではなかった。
クリストファー・ノーランはこだわりの強い監督、という印象で、そのこだわりぬいた画面づくりは本当に美しく、戦争映画を見慣れてない人、人死にが怖い人にはぜひとも薦めたい。TV版は35mmの画角を収めてくるのかわからないけど……。小さくてもいいから正しい画角で見たい。

ちなみにこれを見に行ったとき、隣がカップルだったのですが、見終わったあと彼氏のほうが「こないだハクソー・リッジ見に行ったときは寒かったのに今日は大丈夫だったね」と言っていた。「ハクソー・リッジダンケルクを彼女と一緒に見に行く!? こやつ映画好きだな」と思いました。彼女のほうは冬になったら白とピンクのダッフルコートを着ていそうな感じでした。映画好きなのかな。

この背中についていきたい「HiGH&LOW THE MOVIE2」

見てきました。
THE MOVIE、通称ザムから入ったこの世界。当時は立木文彦のナレーションと、流星街みたいな無名街の大爆発、背中を切られてもなお美しい窪田正孝インパクトに圧倒されて、ドラマ版を履修。
チームのカラーをざっと把握したところで間をおかずRED RAIN、通称レッレをみて「ハイロー公式番外編か〜」と少し冷静になったところで本作、通称ザム2。

わかったことは、この背中にはついていきたくなる強さがある、ということです。なぜザムのときに気づかなかったのか。 そればドラマ版は、本作の背中に至る前の未熟な背中だったからでしょう。

もちろん腐女子が萌えるにあたり、そのキャラがなぜそうなったのか、という道筋は重要ですが、私に必要なのは一点突破のインパクトです。
本作にはそれがあった。コブラとロッキーにはもちろん、村山にも、日向にも、スモーキーにも、この背中に惚れてしまったら、あとはもう、ついていくしかない……という説得力があった。
私もコブラからコブラツイスト決められたいし、ロッキーに世界名作劇場からちなんだ名前つけられたいし、村山さんに頭叩かれたいし、スモーキーの家族になりたいし、Wikipediaで生活能力皆無の日向のおさんどんしたい。

ヤンキーものの一言で片付けるには、あまりに足りない。LDHの莫大な財と力で、一流の人間があつまって作ったそれは、週刊少年ジャンプでみた、あれやこれ。
駅のシーンでバンバン変わる場面はBLEACHみたい*1だし、DOUBTの選抜試験はHUNTERXHUNTERでみた*2し、フォーの背景はるろうに剣心でみた*3。新キャラのジェシーは演者本人が「ドフラミンゴ他を参考にした」という……。
さらにコブラが「一緒にいるだけが仲間じゃねえ」と言う。これはKで見たぞ*4
極めつけは今日2回目、舞台挨拶ライブビューイングの回にいったら、ザム3の特報が新世紀エヴァンゲリオンだった。
オタクに優しい世界である。二次元が三次元になるとはまさにこのことで、ハイローは実写なのにアニメ・マンガでしか見ないような表現を、乱暴なまでの世界観で塗りつぶし、LDHで鍛えた筋肉と運動神経で補完する。

ターミネーター源治もさることながら、私はコブラジェシーの戦いが好きだ。SPとTECが高い攻撃の押収で、殴っては起き上がり、起き上がっては殴りなのに、まるでダンスしているかのよう。
そりゃそうだ。中の人は同じグループで長年やってきた二人である。このへんはパンフレットを見て知った。LDHの文脈。
TLに宗教上の理由もなく見てない人は是非見に行って欲しい。ザム2からでも大きな問題はありません。前作はdTVやhuluで配信しています。

さて、ザム3は11月だ。先は長い。その頃札幌は雪が降っているだろうな。
とんでもない映像で締めくくられて、1回目見たときはびっくりして感想が書けなかった。ショックとかではなく、この続きを2時間ちょいで収められるのかという疑問です。
そしてザム3でキリのいいところまでやるのかという疑問。
あとEND OF SKYってなんのことなんでしょうね。

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE RED RAIN

HiGH&LOW THE RED RAIN

HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM(CD2枚組+スマプラ)

HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM(CD2枚組+スマプラ)

*1:敵と遭遇したら次の場面に切り替わって数週間

*2:全員にコインを1枚ずつ配り、ケンカして5枚に増やせ

*3:まんま安慈

*4:猿比古と美咲

CMとタイトル詐欺の問題に目をそむけられなくなった1本「怪盗グルーのミニオン大脱走」

ミニオンが注目されはじめたのっていつ頃からでしょうか。1作目から見ている者としてはアレです。「ああ、こんなにメジャーになってしまって……」という気持ち。

本作は「ミニオンズ」も含めるとグルー4作目でしたが、イルミネーションスタジオはそろそろ続編商売やめたら!? と思わざるをえなかった。
面白かったけど既定路線。
これはこれでよかったし、007のよう永遠に続くならそれでもいいけど、その覚悟なしに見ると「新しさとか全くなかったな」。1000円で見るならいいかもしれないけど、1500円で見たら金返せ、のラインでした。
ディズニーも美女と野獣ライオン・キングなんかはOVAで続編を制作しているけど、OVAでよかったのでは……と思います。

で、CMやタイトルからミニオンがまたやらかしてくれるんだろうなと思ったら、そうでもなかった。今までCMやポスターが、映画の内容とマッチしてない問題に関しておおらかに構えていたけど、この日はじめて、この問題はただごとではすまされないぞ、と感じました。
だってもう、グルーというかミニオンは、USJでも前面に押し出されるほどに有名なキャラクターと映画であるはず。グルーとドルーの兄弟をメインにしても問題はなさそうなのに、それでもまだ、これほどミニオン押しで行かなければならないのか*1
現地人と日本人では感性や前情報に差があり、より日本人に向けて分かりやすくCMを打たなければならないのはわかるけど、1作目が「怪盗グルーの月泥棒(元タイトルDespicable Me)」、2作目が「怪盗グルーのミニオン危機一髪(元タイトルDespicable Me 2)」、とそれぞれ微妙に違うタイトルできてるんだから、「ミニオン大脱走」必要だったか!?
視聴者はそんなになめられてるの!?

書いてたらだんだん腹たってきた(自分がなめられてることに)。

しかしイルミネーションは今後グリンチとか、Pluto浦沢直樹の)とか予定しているので、がんばって欲しい。ペットは琴線に触れなかったけど、SINGはよかったので、もうちょっと追いかけていきたいです。

*1:思ってた半分もミニオンは活躍しないし画面に出てきません

米林監督の巣立ちを感じさせる映画だった「メアリと魔女の花」

公開初日のわりにそんなに混んでなくて、夏休み前だからかな〜? というのが第一印象。映画はいろいろ惜しい部分もあったけど、米林監督の巣立ちアニメとして、これ以上のものはないのでは!? よかったです。

これ、当初見に行くつもりはなかったんですが、神木隆之介が極大魔法の生贄になり、それをメアリが助けに行くらしい、と知って見に行くぞ! と。まあ、そこはすごくよかったです。ピーターは思ったより脇役も脇役というか、物語のために存在するキャラクターだったけど(十束みたいな)。

私がこの映画で一番よかったと思うのは、メアリがいいやつであること。アリエッティもいいやつだったけど、杏奈は嫌いだった……。メアリがすごくいいやつで、自分のケツを拭こうとするのはとても好感が持てました。
ラスト、「それでいいんかい〜」と思ったけど、夜間飛行を見つけて魔女になったのも偶然で、メアリにとって魔女は一夜の夢。人生の命題じゃなかったし、ドタバタに巻き込まれただけだし、これでいいのかなと。
動物がいっぱい湧いてくるシーンは好きでした。あなたの好きな動物がいるかな!? と思いながら、オオアリクイが走ってきたときは拍手したかった。

ジブリの血脈を受け継ぐからこそ見受けられる厳し目の評価に、「作らない人間とはかくも無情なものなのか」と涙がでそうです。
しかしサラッとした映画ではあったので、次回作に期待大。

原作読まないまま映画を見たけど、こりゃーみごとな風刺映画「帰ってきたヒトラー」

発売直後から気になっていたものの、ハードカバーは高いしかさばるし、でKindleが値下げされるのを待っていたら、文庫になり、Kindleも分冊してしまい、ずるずると原作を買っていなかったのを、映画で見ました。
ほんとうに見事な風刺作品で、これをドイツ人が書き、ドイツ人が映画化したのは、すごい時代がきたもんだ……って感じです。

簡潔にいうと、「ヒトラーが蘇ったけど、みんなそっくりさんだと思ってモノマネ芸人として大ヒットした」。

これは洋画あるあるで仕方のない部分だけど、現地語や文化がわかればもっと笑えたし、ゾッとできたんじゃないかと思う。
YouTuberがヒトラーをレビューしたり、ヒトラー水曜どうでしょうみたいなことしたり、ヒトラーにインターネットを教えたりする、細々な仕掛けがすごく今風でクスッとしてしまう。
風刺なので、省みる部分もあって、ドンと落とされたあと、それでも不敵で堂々としたヒトラーにゾッとさせられました。蘇ったからには土に帰るかと思ったから。
ラストも含めて、とてもシュールな笑いに包まれている。「ヒトラー最後の12日間」を思い出すシーンもあって爆笑してしまったんだけど、隣で見てた母は「なんのこと?」って感じだった。

ちなみに本作のヒトラーはcv飛田展男さんです。よかった。私はナチ映画では、「ミーシャ/ホロコーストと白い狼」*1とか「ヒトラーの贋札*2が好きなんですが、これはまた違った趣でよかったです。
結構軽い気持ちで見られたし、軽い気持ちでみてこその驚きでした。ポテトチップとコーラ片手に見ましょう!

ミーシャ/ホロコーストと白い狼 [DVD]

ミーシャ/ホロコーストと白い狼 [DVD]

*1:狼好きな人はみましょう!おおむねもののけ姫です

*2:職人がめっちゃがんばる話しです

お手本のような同人誌だと思う「お医者さんのお引っ越し」

本作は「お医者さんにガーベラ」「お花屋さんに救急箱」に続く3本目*1。お医者さん(受)とお花屋さん(攻)の仲もほとんど夫婦になり、家(花屋)をリフォームして二人の終の棲家にしましょうかという話しです。

リフォームといってもボロ家なので、ほとんど新築同様になる、そこを軸にしてふたりの日常をうまく書いているなと思います。
前2作を経たお医者さんの成長と、お花屋さんの成長、お互いにまだ言えなかったことや、新たな一面を見せて、改めてこれからもずっと一緒にいましょうね、という……。
私も今住んでいる家(実家)は高校生のときに引っ越してきた家なので、新築の家が懐かしい。冬前に引き渡しだったので、1ヶ月くらい床が冷たすぎて歩くのが苦痛だったことを思い出しました。本当は天井を蓄光の星の壁紙にしたかったのに親に反対されたこととか。

商業のBLとして大事な受の問題と、攻の問題をすでにやりきってしまったので、本作は番外編。いってしまえば、同人誌的な話になります。
このふたりに関しては正直、エッチはいいから掛け合いや日常が見たいな、というレベルだったので、エッチを削った判断はよかった。本編でやったことを踏まえ、新たな一面を見せつつ、新たな物語は掘らず、まさに「本編の隙間をついて、新たな解釈は加えず、うまく泳いでいる」お手本のような同人誌でした。
公式で一般流通しているので、同人誌もなにもないんだけど。

威圧的で手塚国光みたいな喋り方のお医者さんと、いつもニコニコで推しの強いですます口調のお花屋さんの掛け合いも、テンポがいいし、現実感はないんだけど、キャラクターとして確率していて気持ちがよかったです。

お医者さんのお引っ越し

お医者さんのお引っ越し

*1:前2冊はKindle化していない

幸せで濃密なエロにエロを重ねても破綻なし!「四獣王の花嫁」

エロいBL小説が読みたいとき、思い浮かぶ作家は重めの作風で、もっとハッピーでぐずぐずのエロが読みたいんじゃい! そんなときは本作です。*1

ものすごく端的にいうと幸せで綺麗でかわいい肉便器と、幸せで仲良しの穴兄弟。4Pが2回、2Pが2回、触手の尿道責め、授乳もある、最初から最後までエロ満載。
こんだけエッチしてると本編が疎かになるでしょうと思いきや、最後まで破綻のなく、ハッピーエンドでバッチリ終わる手際のよさ。
複数プレイでも罪悪感のない世界感がバッチリ構築されていて、受けちゃんもそれを受け入れて、体はどんどん女になっていく仕組みの世界観。お見事!!

きちんとBLなんだけど、ティーンズやレディコミを彷彿とさせるエッチの文脈に、にたにたしてしまった。
同人誌には、本編でエッチできなかった朱雀王キリルとできてるみたい。嬉しいサービス付き。コミコミスタジオで委託していました。

すごくエッチなのが読みたいけど暗いのはNG! サクッと読めてストーリーも楽しみたいときにドンピシャの作品でした。

四獣王の花嫁 (ラルーナ文庫)

四獣王の花嫁 (ラルーナ文庫)

*1:丸木文華著「フェロモン探偵シリーズ」なんかも軽くてエッチでおすすめです。

お笑いBLの描写は耽美であればあるほど笑えてしまう「妖精ハンター×DT 〜四十歳童貞男の逆襲〜」

童貞が魔法を使えるようになるBLは何冊かあります。
本作はハードボイルドBLが得意の著者の、お笑いBL。同じような濃厚な描写が味付けでこれだけ笑えるのはお見事です。

本作については感想をどうこう述べるより、引用ツイートを見てもらった方がはやいのではないかと思うので、ここにいくつか引用しておきます。

お笑い系のBLって、セックス描写が濃厚であればあるほど、古典的であればあるほど、耽美であればあるほど面白くなってしまうのは、なぜでしょう?
犬山が滔々とお耽美妄想を繰り広げている中、主任が全然関係ないことを考えてるくだりとか、うまいし面白いしなにがなんだか。なにも考えずにサクッと読めて、笑えるし、ちゃんとエロいし最高です。

そして、タイトルからいろんなものを裏切られました。まず表紙の男は童貞じゃないし、タイトルも妖精ハンター(攻)・童貞(受)じゃないし*1。気になる点も多く残るので、「淫猥なランプ」みたいに2冊目が出ないかな……。

妖精ハンター×DT~四十歳童貞男の逆襲~ (ラヴァーズ文庫)

妖精ハンター×DT~四十歳童貞男の逆襲~ (ラヴァーズ文庫)

淫猥なランプ (二見書房 シャレード文庫)

淫猥なランプ (二見書房 シャレード文庫)

*1:さすがに深読みのしすぎかもしれなかった

魂のBL「ショートケーキの苺にはさわらないで」

すでに1回は読んでいるんですが、近々スピンオフがでるので改めて読みました。いや〜〜〜〜、魂のBLですわ。

商業のBLには肉体関係がほぼ必須、といわれているのは、やはり肉体関係が言葉にせずとも分かる、男と男が真に愛し合っている証拠だからだと思います。
本作も1回はその描写はある。

相手がアンドロイドという性質上、体は奪われ、壊れた記憶チップだけが戻ってくる。それをハロみたいな球体にうつして、可愛がる主人公。思い出と性格は復元せず、でも思い出のかけらのような何かは残っているそれを、はたして愛した彼と呼べるのか。
主人公はハロみたいな球体を、愛するんですね。それは性欲のともなうものじゃなくて、子どもとかペットとか、家族に対するものだけど。
そこをBLと認識するかどうかで、感想が変わってくると思うんですけど、わたしはここに魂のBLを見た。

私はBLという枠に落とし込めばロミオとジュリエットみたいなクサクサの恋愛が成立する、というところにBLの魅力を感じているのですが、まさにそれをやってくれたのではないでしょうか。
望まれない関係に、二人を分かつ死があり、それを乗り越えた先の結末を是非読んで欲しい。

スピンオフも楽しみです。

水筒買った(THERMOS、500ml)

水筒は、350mlのものをすでに持っています。こんにちは。
それの問題は、水筒の口径がそのまま飲み口になっていて、水の残量が減るにしたがい、口から水をこぼしてしまうこと……。子どもかい。でもやるよね!?
残量がわからないから、恐る恐る傾けて「ゴボッ」となってしまう。スリムタイプの功罪。
あとは、グランデサイズ(470ml)が入って、軽いのが欲しくて、探してたところ、ハンズで見つけた。

見た瞬間、買う理由がなかった。かわいすぎる。 EP4〜6のキャラクターのドット絵。多分最近のシリーズのキャラクターだったら買ってなかった。

続きを読む