お読みあそばせ

本とか映画の感想文

「ネイビーシールズ」見た

「ハイローから「CMのBGMに第九を使う映画はバカ」ということを学んだ私は、キングスマンGCの後味が悪かったのもあり見に行ったのだが、CMは誇張しすぎで訴えられるぞ! と言いたかった作品であった。
面白かったけど、BGMに第九を使うほどバカではないしぶっ飛んでもいない。キングスマンGCの後の後味の悪さをなんとかしたい、という目論見は当たった、気持ちのよい映画だった。

サラエボのシーンが虐殺器官で見たことあるやつ

ネイビーシールズのオープニングはサラエボで将軍を暗殺する任務についているところから始まる。暗殺に成功したものの、気づかれてしまい敵に囲まれ、戦車で逃走するのだが、戦車逃走中の街中のシーンが「虐殺器官で見たやつだ」。虐殺器官で見たやつでした。

気のいいバカだけど男気と生き抜く力がすごい

ネイビーシールズの隊員なので、戦闘力と生き抜く力とチームリーダーに対する信頼がものすごい*1。すごいバカだけど気のいいやつらで「将来このような戦闘力と生き抜く力が強い男の子どもを生みたい…」と思うほどであった。本当にどいつもこいつもかっこいいバカで現実を忘れる。

ミリオタだったらもっと楽しめるのではないか

アメリカ軍あるあるみたいなネタが結構あった気がする。

面白かったけど、CMに第九を流すほどじゃないっていうか、ハイローのようなハチャメチャを期待すると期待はずれだけど、私はキングスマンGCよりストーリーは遥かに好きだった。
この映画を見て、普段から映画を見ていないとスルーしてしまいそうな、ちょっとしたポイントが気になっている、と自覚したのでぼちぼち映画を見慣れてきたのかもしれない。
ただ2018年は控えめに見ていこうと思います。

*1:上官に怒られるのわかりきってるのに、リーダーがやるといったらなんでもやる

「キングスマン:ゴールデンサークル」見た

良かった。でも前作のほうが好き。

前回のキングスマンらしさはそのままに、がんばったんだな……というのがわかったのがよかった部分です。一言で終わらせるなら「麻薬、ダメ!絶対!」。個人的にはハリーを蘇らせた方法が唐突で「それやるなら別に死んでてもよかった」というだけで。キャラクターがよく死ぬ作品にハマってる者の意見でした。
あとは吹き替えで見たかったのに、4DX2Dしかなかったので渋々字幕で見ました。

エルトン・ジョンが完全に古田新太だったところや、妲己ちゃんハンバーグ、彼女に「任務で他の女とヤってもいいですか」って聞くエグジーのシーンは好きです。エルトン・ジョン、マジで古田新太だった……。もう古田新太エルトン・ジョンなのか、エルトン・ジョン古田新太なのかわからない。エルトン・ジョンエルトン・ジョンなんだけど。

前作の記憶が遠いせいで覚えてない部分がいっぱいあったんです。私の中でエグジーはマイルドヤンキーだったけど、父親代わりのハリーのおかげでがんばれる人間になれたキャラクター。だったんですが、本作では友だちや家族思いのめちゃくちゃいいやつになってて驚いた。そういうわかりやすいエピソードはいいっすね。
ただ、マーリンが死ぬところで最期まで抵抗したものの、結局スパイとしての決断を下し、ラストはハリーと仲良くしているところで「こいつはハリー生還と引き換えにマーリンの命を引き換えにした主人公なのだな」と思ってしまったら、めっちゃ好きになりました。キャラクターがよく死ぬ作品に生きてる者の意見パート2。

全体としてはよかったし、4DXでも動きがいのある映画になってるんじゃないかと思います。次回は多分ネイビーシールズです。

NuAns NEO [Reloaded]のストラップホールがすごい

スマホを新調した。格安SIM(OCN)なので端末だけ買ってくればいい。手軽すぎる。BluetoothをペアリングするためにNFCがついてることが外せなくて、予算とデザインが折り合うのが、NuAns NEO [Reloaded]しかなかった。幸い中古でよさげなのがあったので、即ポチ。
ガラケーのときからだけど、どうしても譲れない機能以外は、私の場合ほぼデザインで決める。高級感があろうと上部だろうと、外装が金属なのは嫌いだ。

詳しくはTumblrに書いたんだけど、NuAns NEOはストラップホールがよくてきている。本体に直接このような穴があって、中央に突起があるのだ。

f:id:tnkyy:20171112233550j:plain
本体に直接穴があいてる
f:id:tnkyy:20171112233552j:plain
中央の突起に紐をひっかけて
f:id:tnkyy:20171112233559j:plain
カバーで蓋をする

そこに紐をひっかけて、カバーで蓋をすると、紐をくるっとしなくてもいいのでめちゃくちゃ収まりがいい。これがデザイン(設計)の妙。ただ好きに着せ替えができるだけのスマホじゃないことがよくわかる。
でもこれバンパーつけたらストラップさしにくくなりそうではある。

風呂敷を畳みながら新たな絵を書くんじゃない!HiGH&LOW THE MOVIE3

HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION、見ました。本公開日が11/11なのにもかかわらず、10/31から全国で試写会がライブビューイングされ、ライブ付き試写会などもあり、始まる前から公開日の概念を覆す、さすがハイロー。
見終わって1日だったものの、まだ頭は混乱の最中にあるようで、全体的な内容は把握できても細部が全く思い出せない。数分に1回頭の中で激しく突っ込んだり、爆笑したりしながら見ていたら、右隣の同類(腐女子)らしき女の子が中盤から号泣していてビビった*1。泣くような場所、ありました!?

映画としては、THE MOVIE2のほうが面白いのではないかと思うほど詰め込んでいる。爆音で鳴り響くキャラソン、止まるキャラソン。うるさい。さらにドラマから散りばめられた設定を回収しながら、脚本のト書きかと思われる裏設定を出し、さらに新たな謎を落としていく。
えっ、これでとりあえず終わりなのに、新たな謎いります!?
しかしザム2のときは忘れていたお笑いもあり、ハイローの集大成といえる作品だった。間違いない。MUGENと雨宮兄弟集まると笑いをとれないため*2、雅貴が笑いを一身に背負っているのがよかった。面白くてかわいくてかっこいいって……最高か。

*1:多分スモーキーの下りで泣いたんだろうけど、スモーキーが死にそうなのはザム2のときすでに分かっていたので、全然悲しくなかった。好きなキャラがよく死ぬ

*2:九十九のバカはガチすぎて笑いになりにくい

続きを読む

久しぶりに虐待が痛い作品を読んだ「北斗 ある殺人者の回心」

結構久しぶりの一般小説。石田衣良IWGPはもちろん、とくに好きなのは娼年で文庫を数冊(売っては手放し、売っては手放し)とKindle版を買っている。ひとつの文章が短くて、難しい言葉が一切なくて、読みやすい小説とはこのことだなと思う。

しかし本作、内容はすごいキツかった。どこがキツいかは個人によるだろうが、私は幼い頃の虐待から、幸せな日常をえがいているあたりがとても。途中で読むのがつらくなって、BL小説に逃げた。逆に殺ると決めてからはむしろサクサク読めた。
レビューを見ると泣いた、法廷のシーンがよかった、という意見が多いけど私はやっぱり虐待から幸せになったあたりがよかったと思う。このあとに人を殺してしまうことも知ってたし、結末も先に読んだのだが、そこかしこに散りばめられた未来でとんでもないことになると予感させるセンテンスが怖い。BL小説でもこのようなシーンは珍しくないが、読んでいて怖くなるようなものを書く作者には、めちゃくちゃ筆力があると感じる。
法廷で主人公は自分の人生が他人にとっての物語に還元されていくのを感じているんだけど、そのあたりの言葉は好きです。

で、偶然にもこれを読了したあとで、このニュースを見た。

mainichi.jp

めずらしくコンビニのおばちゃんにこの話題を振られて、驚いてしまったんだけど。別にこのニュースとこの事件はなんら重なる部分はないんだけど。
ただこの事件の犯人は、自殺したかった人を殺していたようなので、ニーズの一致がある(自殺したかった人が、殺されたかったはひとまずおいといて)。人が人を殺すことを、私はものすごく端的にいうと人間だからやるべきではないと思っているんだけど、死にたい、殺されたい人がいて、殺したい人がいて、そこが一致していればそれは他人がどうこういえる問題ではないのかも……。
劇的なニュースは広まるに従い、物語化して単純になって本来の意味を失うのだな、と思った。

ちなみに本作はドラマ化もしていて、中山優馬が主演だって。ちょっと見たいね。

私の思ってた伊藤はFIATには絶対にのらない「先生!」

好きな少女漫画を3つ答えろと言われたら迷わず、神風怪盗ジャンヌ! ディアマイン! 先生! と答えるくらいには、好きです。広瀬すず生田斗真という見事なキャスティングに感謝したのも束の間、いつのまにか「、、、好きになってもいいですか?」という、微妙なサブタイトルがついていた。
映画のタイトルコールにはなかった。このサブタイ、なくてもよかったんじゃない?

内容はよかった。脚本岡田麿里なだけあって、恋愛や友情の機微が丁寧にかかれていたと思う。広瀬すずは見ればみるほど島田響ではなく広瀬すずだし、生田斗真も「大木」というにはいろいろ足りなくて生田斗真だった。メガネの扱いは最高でした*1
学校祭以降、映画の尺と「先生と生徒」というキーワードからこの展開もってこないといけないよなあ……、という消化試合的な流れも許す。
なにより浩介と藤岡くんが私が大好きなBLのサブキャラのようで、本当によかった。浩介は原作でもああいう感じだけど、藤岡くんの……当て馬感たまらないです。
元々が昭和の少女漫画なので、昨今のひとりの女に唐突にモテキが来て、複数のイケメンたちから言いよられる、ときめきゴリ押したたき売りとは違う文脈で大変落ち着いた映画です。

ただ言いたいのは伊藤はFIATには絶対乗らない。いや……いかにもなFIATの形ではないんだけど、FIATみたいに「それを積極的に選びにいかないと選択肢の中に入らない」車種には乗らないのでは。FIATじゃなかったらごめんだけど、窓ガラスの車検シールのあたりにFIATって書いてあったし、向かって左に響座ってたし。外車であることは間違いない。
Twitterでキス写真が拡散されるようなことするなら、伊藤の車は30代の地方都市在住の、朴訥とした教師がもっていそうな車種にしてほしかった……。スズキのアルトとかホンダN BOXとか……。新車で買うほどじゃないけど、中古車で状態がよくて値段との折り合いがついた、税金も安いやつ。予算があればエコカーでもいい。
個人的にそこだけがちょっと「ん?」だったけど、あとは概ねよかったです。どの登場人物も、今時にブラッシュアップしつつも、ちゃんと原作通りの味付けでした。

*1:ド近眼の人は顔に眼鏡が乗ってない場合、まず無意識で眼鏡を探すし、メガネの位置をなおす仕草を不自然でなくいれていた。キャラ付け的にやられると非常に萎えるので

淡々と事実を切り取ったものの画角が全然あってない「ダンケルク」

を、見ていました。8月から9月にかけて結構映画を見たと思ったんですが、思っていただけで、ハイローを4回も見ていたからで、他はダンケルクスクランブルしか見ていませんでした。

ダンケルク、淡々と事実を描写した感じが好きでしたが、映画を見慣れていない人はつまんないと思うかもしれない。事実を描いた最近の映画だと「パトリオット・デイ」のほうが楽しめるでしょう。私は興味深く見ました。
唯一思ったのは「画角が全然合ってねえ」という1点につきます。普通の映画館では画面がすごく狭くて、おかしいなと思ったらその通りでした。IMAXでも全く足りてない。ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に遠征した人だけが日本で正解値に近い画角で見られたのではないでしょうか。ただ、戦争の音がすごい! のでせめて音だけでも楽しみたくて、IMAXで見ようと思いましたが2回行くほどではなかった。
クリストファー・ノーランはこだわりの強い監督、という印象で、そのこだわりぬいた画面づくりは本当に美しく、戦争映画を見慣れてない人、人死にが怖い人にはぜひとも薦めたい。TV版は35mmの画角を収めてくるのかわからないけど……。小さくてもいいから正しい画角で見たい。

ちなみにこれを見に行ったとき、隣がカップルだったのですが、見終わったあと彼氏のほうが「こないだハクソー・リッジ見に行ったときは寒かったのに今日は大丈夫だったね」と言っていた。「ハクソー・リッジダンケルクを彼女と一緒に見に行く!? こやつ映画好きだな」と思いました。彼女のほうは冬になったら白とピンクのダッフルコートを着ていそうな感じでした。映画好きなのかな。

この背中についていきたい「HiGH&LOW THE MOVIE2」

見てきました。
THE MOVIE、通称ザムから入ったこの世界。当時は立木文彦のナレーションと、流星街みたいな無名街の大爆発、背中を切られてもなお美しい窪田正孝インパクトに圧倒されて、ドラマ版を履修。
チームのカラーをざっと把握したところで間をおかずRED RAIN、通称レッレをみて「ハイロー公式番外編か〜」と少し冷静になったところで本作、通称ザム2。

わかったことは、この背中にはついていきたくなる強さがある、ということです。なぜザムのときに気づかなかったのか。 そればドラマ版は、本作の背中に至る前の未熟な背中だったからでしょう。

もちろん腐女子が萌えるにあたり、そのキャラがなぜそうなったのか、という道筋は重要ですが、私に必要なのは一点突破のインパクトです。
本作にはそれがあった。コブラとロッキーにはもちろん、村山にも、日向にも、スモーキーにも、この背中に惚れてしまったら、あとはもう、ついていくしかない……という説得力があった。
私もコブラからコブラツイスト決められたいし、ロッキーに世界名作劇場からちなんだ名前つけられたいし、村山さんに頭叩かれたいし、スモーキーの家族になりたいし、Wikipediaで生活能力皆無の日向のおさんどんしたい。

ヤンキーものの一言で片付けるには、あまりに足りない。LDHの莫大な財と力で、一流の人間があつまって作ったそれは、週刊少年ジャンプでみた、あれやこれ。
駅のシーンでバンバン変わる場面はBLEACHみたい*1だし、DOUBTの選抜試験はHUNTERXHUNTERでみた*2し、フォーの背景はるろうに剣心でみた*3。新キャラのジェシーは演者本人が「ドフラミンゴ他を参考にした」という……。
さらにコブラが「一緒にいるだけが仲間じゃねえ」と言う。これはKで見たぞ*4
極めつけは今日2回目、舞台挨拶ライブビューイングの回にいったら、ザム3の特報が新世紀エヴァンゲリオンだった。
オタクに優しい世界である。二次元が三次元になるとはまさにこのことで、ハイローは実写なのにアニメ・マンガでしか見ないような表現を、乱暴なまでの世界観で塗りつぶし、LDHで鍛えた筋肉と運動神経で補完する。

ターミネーター源治もさることながら、私はコブラジェシーの戦いが好きだ。SPとTECが高い攻撃の押収で、殴っては起き上がり、起き上がっては殴りなのに、まるでダンスしているかのよう。
そりゃそうだ。中の人は同じグループで長年やってきた二人である。このへんはパンフレットを見て知った。LDHの文脈。
TLに宗教上の理由もなく見てない人は是非見に行って欲しい。ザム2からでも大きな問題はありません。前作はdTVやhuluで配信しています。

さて、ザム3は11月だ。先は長い。その頃札幌は雪が降っているだろうな。
とんでもない映像で締めくくられて、1回目見たときはびっくりして感想が書けなかった。ショックとかではなく、この続きを2時間ちょいで収められるのかという疑問です。
そしてザム3でキリのいいところまでやるのかという疑問。
あとEND OF SKYってなんのことなんでしょうね。

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE RED RAIN

HiGH&LOW THE RED RAIN

HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM(CD2枚組+スマプラ)

HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM(CD2枚組+スマプラ)

*1:敵と遭遇したら次の場面に切り替わって数週間

*2:全員にコインを1枚ずつ配り、ケンカして5枚に増やせ

*3:まんま安慈

*4:猿比古と美咲

CMとタイトル詐欺の問題に目をそむけられなくなった1本「怪盗グルーのミニオン大脱走」

ミニオンが注目されはじめたのっていつ頃からでしょうか。1作目から見ている者としてはアレです。「ああ、こんなにメジャーになってしまって……」という気持ち。

本作は「ミニオンズ」も含めるとグルー4作目でしたが、イルミネーションスタジオはそろそろ続編商売やめたら!? と思わざるをえなかった。
面白かったけど既定路線。
これはこれでよかったし、007のよう永遠に続くならそれでもいいけど、その覚悟なしに見ると「新しさとか全くなかったな」。1000円で見るならいいかもしれないけど、1500円で見たら金返せ、のラインでした。
ディズニーも美女と野獣ライオン・キングなんかはOVAで続編を制作しているけど、OVAでよかったのでは……と思います。

で、CMやタイトルからミニオンがまたやらかしてくれるんだろうなと思ったら、そうでもなかった。今までCMやポスターが、映画の内容とマッチしてない問題に関しておおらかに構えていたけど、この日はじめて、この問題はただごとではすまされないぞ、と感じました。
だってもう、グルーというかミニオンは、USJでも前面に押し出されるほどに有名なキャラクターと映画であるはず。グルーとドルーの兄弟をメインにしても問題はなさそうなのに、それでもまだ、これほどミニオン押しで行かなければならないのか*1
現地人と日本人では感性や前情報に差があり、より日本人に向けて分かりやすくCMを打たなければならないのはわかるけど、1作目が「怪盗グルーの月泥棒(元タイトルDespicable Me)」、2作目が「怪盗グルーのミニオン危機一髪(元タイトルDespicable Me 2)」、とそれぞれ微妙に違うタイトルできてるんだから、「ミニオン大脱走」必要だったか!?
視聴者はそんなになめられてるの!?

書いてたらだんだん腹たってきた(自分がなめられてることに)。

しかしイルミネーションは今後グリンチとか、Pluto浦沢直樹の)とか予定しているので、がんばって欲しい。ペットは琴線に触れなかったけど、SINGはよかったので、もうちょっと追いかけていきたいです。

*1:思ってた半分もミニオンは活躍しないし画面に出てきません

米林監督の巣立ちを感じさせる映画だった「メアリと魔女の花」

公開初日のわりにそんなに混んでなくて、夏休み前だからかな〜? というのが第一印象。映画はいろいろ惜しい部分もあったけど、米林監督の巣立ちアニメとして、これ以上のものはないのでは!? よかったです。

これ、当初見に行くつもりはなかったんですが、神木隆之介が極大魔法の生贄になり、それをメアリが助けに行くらしい、と知って見に行くぞ! と。まあ、そこはすごくよかったです。ピーターは思ったより脇役も脇役というか、物語のために存在するキャラクターだったけど(十束みたいな)。

私がこの映画で一番よかったと思うのは、メアリがいいやつであること。アリエッティもいいやつだったけど、杏奈は嫌いだった……。メアリがすごくいいやつで、自分のケツを拭こうとするのはとても好感が持てました。
ラスト、「それでいいんかい〜」と思ったけど、夜間飛行を見つけて魔女になったのも偶然で、メアリにとって魔女は一夜の夢。人生の命題じゃなかったし、ドタバタに巻き込まれただけだし、これでいいのかなと。
動物がいっぱい湧いてくるシーンは好きでした。あなたの好きな動物がいるかな!? と思いながら、オオアリクイが走ってきたときは拍手したかった。

ジブリの血脈を受け継ぐからこそ見受けられる厳し目の評価に、「作らない人間とはかくも無情なものなのか」と涙がでそうです。
しかしサラッとした映画ではあったので、次回作に期待大。