読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お読みあそばせ

本とか映画の感想文

知っていたらこんなん笑うわ「池袋カジノ特区 UNOで七億取り返せ同盟」

とられた金を取り返す。あるいは自らの実力を証明するため、ギャンブルに挑む物語は多い。知略とギミックを駆使して戦う姿に、心が熱くなる題材だ。ルールが分からずとも。
ブラックジャックが分からなくて「マルドゥック・スクランブル」を投げた人も、麻雀が分からなくて「盤上の夜」を投げた人もご安心下さい。今作は、UNOで勝負します。UNOがギャンブルになりうるのか。なります。数字札はそのまま数字の分、英語カードは20点、ワイルドカードは40点あるいは50点という点数が本来はあるから。
小学生のときは大人とその点数で競ってお小遣いを巻き上げていたなあ。

で、読み始めたらとまらなくて、あっという間に読んでしまったけど、まず結末は完璧としかいいようがない。勝つだけでは終わらない。そこ持ってくるのかよ〜〜!! と顔を覆った。
まあお見事である。
ギャンブルの内容自体はあっさりしているが、見事なテンポで起承転結まで転がり落ちてしまった。 そのテンポを支えているのが、どの人物も大げさなセリフまわしというか、劇場型というか。「運転手さん、前の車、追って下さい!」みたいな、現実で使ってみたいけどそれを言う機会はなさそうなセリフがポンポンでてくる。「その節はショットガンでの御褒賞、どうもありがとうございました」。

さらに、それなりにミステリー小説やラノベ、エンターテインメント小説を読んでいるとなお楽しい。
円居樹「下鴨北大路アペルスヴォワール」、西野奎吾「プールサイド」「はじらう刃」、篠葉小百合、森陸「三月は深き紅のF」、高島田荘司錬金術殺人事件」。そして大人気漫画家・八条キヨ「トリニティ・ブラッドオレンジ」。
なんやねん(爆笑)。
本を読んでていてこういう気持ちになったのは久しぶりです。

作者は、メフィスト賞を受賞してデビューしている。2007年「天帝のはしたなき果実」。私が最後に読んだメフィスト賞は2006年真梨幸子の「孤虫症」。
そのときはまだ学生で、高専の図書館で借りて読んだことを思い出した。そんな頃にデビューされたのね、と感慨深くなってしまった。

背中合わせの無数の世界「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」

パラレルワールドSF小説。作者がラノベも書いているのもあり、だいぶラノベよりで読みやすい。一気に読んでしまった。

この小説は同じ人間が主人公の、別々の世界の物語である。ここで「どっちから読むか問題」が発生する。どっちから読むかで物語の印象が変わるし、初読の感想は1度しか味わえないので生きるか死ぬかの決断にも近い。
ぜひゆっくり迷って下さい。
ちなみに私は「僕が愛したすべての君へ」から読んだ。「君を愛したひとりの僕へ」から読むと、おそらく「僕が愛したすべての君へ」が結末になる。
「僕が愛したすべての君へ」から読むと、「君を愛したひとりの僕へ」が物語の行間を補完するだろう。

さて、二次創作でつがいの片方が死んだとき、もうひとりはどうするか? のアンサーを私はここに見た。
キャラの解釈は無数にあり、追って自死してもよいし、世界を滅ぼしてもよいし、そこで物語を終えてもよいし、見なかったことにして幸せな世界線を描き続けてもよい。
私の好きなキャラクターはよく死ぬけど、無意味に死ぬキャラはそんなにいないので、わりと死を受け入れる方向で生きていくけど、死を受け入れられないなら、過去を生きるしかないな…。

主人公、結構好きだけど、第2あるいは第3の女・瀧川和音が、主人公のことをどっちの作品(世界)でも好きだということが、いいなと思った。
「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したすべての僕へ」で主人公は大きく違った運命を歩むけど、瀧川和音はどちらも主人公を愛しているという事実が、もう一つの軸……というか、揺らぐ平行世界を固定させているみたいで、うまいなあと。

面白かったので記憶を消して、順序逆で読みたい。

帰ってきたシャマラン「スプリット」

シャマラン監督の名前に聞き覚えなくても、我々世代なら「シックス・センス」くらいは知っている。「アンブレイカブル」「サイン」くらいは見てるぞ。
そんなシャマラン監督が帰ってきた! 風キャッチコピーの、多重人格ものミステリー映画でした。

多重人格ものミステリーといえば、「24人のビリー・ミリガン」とか、「多重人格探偵サイコ」とか、「十三番目の人格ISOLA」とか「症例A」とか。まあ、好きなんですが、好きだと後半戦は消化試合でした。
小説だと、結末がわかっても読みたくなるものがあるんですが、映画はそうじゃないことが多い。なぜだ。つまらなくはなかったけど、結末がわかってしまえばあとは、もう、本当に、申し訳ないが消化試合だった。端的にいうと退屈だった。

ジェームズ・マカヴォイの演技わけは確かにすごかった。23+1人分の人格の半分くらいしか出てこないのを差し引いても。ただ外国人の演技とか喋り方の差を、多分現地の人より感じられないので吹き替えで見たかったなあ。
アニャ・テイラー=ジョイは本当にかわいいんだけど、とばっちりで攫われて理不尽*1。あの結末も彼女にとってはハッピーとは言い難くて、次回になんらかの救済があるのかなって。こういう後味は監督らしいと思います。

一番好きなシーンは24人目が目覚めて「やばい逃げなきゃ!」というシーンで、友人に「逃げよう!大丈夫!?」って言った瞬間、ホラー映画でよくある、ズルズルーって何かに人間が引っ張り込まれるやつ。定番ですね。定番だからこそ爆笑した。

次回について。

cinema.pia.co.jp

2作目だってよ(爆笑)。これから見に行く人はぜひ1作目の「アンブレイカブル」を見てから行くとより楽しめると思う。
ラスト、ブルース・ウィルスが出て来るのだが、誰かと見に行ってたらその人に「人間を超越した多重人格者ビーストVSラッキーマン」で盛り上がりたかった。

結末が途中でわかってしまったので、「ラストのブルース・ウィルスで爆笑したし、映画のポイントで見たからまあまあだったな」という評価にしかならない。消化試合にならなかったら、結構好きなタイプの映画だったんじゃないか?
なんにしても続編は2019年とのこと。楽しみです。

アンブレイカブル [Blu-ray]

アンブレイカブル [Blu-ray]

*1:一番理不尽なの先生だけど…

帰ってきたシャマラン「スプリット」

シャマラン監督の名前に聞き覚えなくても、我々世代なら「シックス・センス」くらいは知っている。「アンブレイカブル」「サイン」くらいは見てるぞ。
そんなシャマラン監督が帰ってきた! 風キャッチコピーの、多重人格ものミステリー映画でした。

多重人格ものミステリーといえば、「24人のビリー・ミリガン」とか、「多重人格探偵サイコ」とか、「十三番目の人格ISOLA」とか「症例A」とか。まあ、好きなんですが、好きだと後半戦は消化試合でした。
小説だと、結末がわかっても読みたくなるものがあるんですが、映画はそうじゃないことが多い。なぜだ。つまらなくはなかったけど、結末がわかってしまえばあとは、もう、本当に、申し訳ないが消化試合だった。端的にいうと退屈だった。

ジェームズ・マカヴォイの演技わけは確かにすごかった。23+1人分の人格の半分くらいしか出てこないのを差し引いても。ただ外国人の演技とか喋り方の差を、多分現地の人より感じられないので吹き替えで見たかったなあ。
アニャ・テイラー=ジョイは本当にかわいいんだけど、とばっちりで攫われて理不尽*1。あの結末も彼女にとってはハッピーとは言い難くて、次回になんらかの救済があるのかなって。こういう後味は監督らしいと思います。

一番好きなシーンは24人目が目覚めて「やばい逃げなきゃ!」というシーンで、友人に「逃げよう!大丈夫!?」って言った瞬間、ホラー映画でよくある、ズルズルーって何かに人間が引っ張り込まれるやつ。定番ですね。定番だからこそ爆笑した。

次回について。

cinema.pia.co.jp

2作目だってよ(爆笑)。これから見に行く人はぜひ1作目の「アンブレイカブル」を見てから行くとより楽しめると思う。
ラスト、ブルース・ウィルスが出て来るのだが、誰かと見に行ってたらその人に「人間を超越した多重人格者ビーストVSラッキーマン」で盛り上がりたかった。

結末が途中でわかってしまったので、「ラストのブルース・ウィルスで爆笑したし、映画のポイントで見たからまあまあだったな」という評価にしかならない。消化試合にならなかったら、結構好きなタイプの映画だったんじゃないか?
なんにしても続編は2019年とのこと。楽しみです。

アンブレイカブル [Blu-ray]

アンブレイカブル [Blu-ray]

*1:一番理不尽なの先生だけど…

行ったことないけど井の頭公園が100周年記念だそうで「PARKS」

いろいろ調べました。なにしろ行ったことがないから。映画ではすごく広そうだった。
正式名称は「井の頭恩賜公園」。100年前の5月に開園して、面積は約41万平方キロメートル。北大札幌キャンパスの1/3くらい。大通り公園の4倍くらい。
面白いなーとずっと思っていたのが、公園に面したアパートとかがあることね。ベランダの下に公園があって、公園に面したというより、これはもはや公園の中なのでは? って感じだった。

映画はすごく好きなタイプの映画で、今年見た中では一番好きかもしれない。ポイント溜まってたからポイントで見たんだけど、1500円払ってもよかった。
50年前のラブソングを完成させるために、奔走する女A、女B、男Cの話。なにか話そうとするとすべてがネタバレになりそうなんだけど、ザ・ミニシアターな映画が好きな人は行って欲しい。ラストシーンは近頃はやりのミュージカル映画を彷彿とさせるんだけど、それと比較してどうということはなくて、ああ、いいな〜……(しみじみ)だった。
出演者にプロの音楽家がいっぱいまざっていて、曲が最高。EDヤクシマルエツコでオッとなった人は、ハズさないと思います。
監督が、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田さんなのでそんな感じ。ラノベ原作映画だと思ったら、すごくよくて驚いたので、未視聴の人はこちらもね。

ところで私は公園なんかを作るデザインを専攻していたんですが、過去と現在と未来が交錯する井の頭公園をみて、無作為に使われるものを作りたいな〜と、かつては思っていたなと思い出しました。無作為というか、特別に強い思いを抱かれずに使われるもの? で、そこにあり続けるもの。
だからデザインといってパッと思い浮かぶ、ポスターとか紙ものは、あんまりやりたいと思わなかったんだよな……使い捨てだから……ということを思い出して、懐かしい気分になった。

札幌では上映初週から1日2回しかやらないので、見に行くつもりの人ははやめに!

映画『PARKS パークス』オリジナルサウンドトラック

映画『PARKS パークス』オリジナルサウンドトラック

またも好きな、ひっそりした受けと性にホンポーな攻め「さよなら一顆」

久しぶりに、リアルなディアプラス文庫を読んで、紙は白く、厚く、懐かしかった。しかしこんなに文字は小さく行間は詰まり気味だったっけ。Kindleで読んでいると、行間やフォントは統一されるので読みやすくなる代わりに、メーカーが工夫している温度は感じなくなります。

一穂作品では、とくに好きなひっそりした受け。で、相手は性にホンポーなタイプ(最大六股経験)。だけどこのひっそりした受けの作品、一穂作品ではそんなに人気にならない気がする。気のせい?
ひっそりしているわりに、考え方がちょっと独特なところがいい。ぼーっとしているというか。攻めは自分でも、自分をくそ男だと思っているけど、自覚的にそうしているだけで、そんな自分を嫌いじゃない……わかるわかる。わたしも自分のこと、ダメな大人だと思っているけど、自分のこと結構好きだもんね。
このタイプの攻めの定形どおり、後腐れない関係が好きだったけど、本気の恋をしていく姿がキュンとくる。

エッチシーンも独特……というか、変なプレイはしていないんだけど、最中の会話がらしくて、よかった。
挿絵を草間さかえにしたのも非常によくて、受けの感じは挿絵がなくても草間さかえのマンガに出てくるような感じで。メガネのせいかもしれない。家がラブホ街の中にあるからかもしれない。

しかしいろんな本を読んでいく中で自分の性癖に気づく瞬間は、どうにもいたたまれない。というか、羞恥を再確認しているようでそわそわします。
小編で受けに告白する女の子が登場するんだけど、彼女と自分を重ねて「わかる! 好きになっちゃうよね〜! でもその人、男と付き合ってるんだよ…」と思っていて笑った。

キャラクターそれぞれが生き生きしていてかわいかった〜「後宮饗華伝」

女子向けラノベを、エロを含む含まないに関わらずティーンズ文庫とよんでいます。
さてGWです。市民共同書庫ブックオフが本20%オフとのことなので、本棚を整理して新しい本をいくつか購入しました。本作ははるおかりのの後宮シリーズ2作目です。1作目、読んでないけど全然話は通じます。

以前から、小説のグルメものどうなんだろうと気になっていました。あとA3!にハマったこともあり、ヘテロものの研究のために面白いティーンズ文庫を読みたかった。
後宮ものって、難しそうなイメージで、実際、漢字が多いし、人名と階級名と別々でとっつきにくい印象ですが、十二国記とか好きなら大丈夫。ティーンズ界隈では後宮ってわりとメジャーな題材ではないでしょうか。

ヒロインは貧乏な家で、両親とは死別、兄に売られて逃げたところを拾われて……という悲惨な過去があるし、ヒーローも毒殺未遂された過去から、自分で作ったクソマズ芋しか食べない、という大変そうなバックがあるものの、キャラクターがコロコロしててかわいくて、読むのが止まらなかった。
ヒーローがクール系のキャラなのに、ヒロインのこと慮るようになってからが、まさに乙女ゲーの攻略キャラみたいで好感が持てる! 遙か5の瞬*1みたい。 メインの二人のそばで、別な恋も展開しているのもよいです。脇役が魅力的な小説でした。

ごはん描写もとってもよかった。なんとメインはごはんではないので、それほど常にごはん食べてるわけじゃないけど。裏表紙によると「おいしい中華後宮ミステリー」。
皮の厚い肉まんや小籠包が食べたくなるが、そんなものうちにはなかった。

このシリーズ、時間が10年単位で写っていくみたいなので、どこから読んでも問題ないとは思いますが、キャラの成長が見られるすばらしい時間変異ですね。他の作品も読みたい。

*1:クーデレの兄キャラでくっついてからは過保護が止まらない

お兄さんと美少女の”知る”をめぐる旅「know」

とタイトルに書いたものの、これはひとりの天才から派生した、ふたりの天才を観測した弟子の話だった。端的にいうと、やや性にだらしないお兄さんと、魔法使いレベルの天才美少女の話である。萌えた。

最初に言っておくが私は「正解するカド」を見ていない。dアニメストアで配信されてないからだ。本作はKindle端末を買ったときに購入して、端末の奥底に眠っていたのを思い出して読んだ。もっとはやく読んでおけばよかったと後悔している。ちなみに、講談社タイガの「バビロン」も積んでる*1

SFの仕上がりとしてはSFというよりラノベなので、SF難しい…という人も気軽に読んで欲しい。脳に電子葉なるものを埋めて、デバイスの必要なしに情報を取り扱える、という設定はSFでは珍しいものではない。
じゃあ何がいいのかというと、圧倒的に青年と美少女の妙である。前半の不真面目っぽさを強調するなら野島裕史? 青年感を出すなら前野智昭とかもあり? 少女は早見沙織がいいけど、高橋李依とかもリアルだな…とか考えてしまう。萌え小説としては硬派だけど、萌えざるを得ない。
すべてを超越した美少女と、斜に構えてる青年が! 萌える!! 最初に書いたとおり、青年はやや性にだらしないし中学生ともセックスするぞ!

ところで頭の中にチップがあって、調べ物をする際に端末を触る必要がなく、考えただけで必要な情報が半自動的に目の前に表示される……。便利だと思うけど、Google検索でときどきある偶然のおもしろ結果は得られなくなってしまった未来だな、と思った。あと意味もなく「からあげ」とかで検索することもなさそう。
このあたりの映像は、3D映画にするとはえそうだし、ネタ的にもアニメにしたら面白そう。待ってます。

know

know

*1:つねに何冊か読んでない本がないと落ち着かないのである

不自然に黒人が多いけどいろんな都合があるししょうがない「美女と野獣」

世の中にはジブリ映画で育った子どもと、ディズニー映画で育った子どもがいて、これはしばしば夫婦間でも問題になっているらしい。
我が家はディズニーで育てられ、ディズニーオタクではないにしろ、それなりにディズニー過激派である。しかし今作はエマ・ワトソンのベルぶりがすさまじく、黄色いドレスはそのままで過激派もうなるビジュアル再現率なのは間違いない。

不自然に黒人が多いことを除けば。

これはもう、しょうがないと思った。時勢の都合もある*1。しょうがないんだけど、本屋のおじいさんが黒人のおじさんに、羽箒のフィフィ、ワードローブの圧倒的黒人感のミスマッチさがどうしても拭えなかった。
昆夏美と山崎育三郎に罪はないが、ディズニー過激派としてはアニメの吹き替えと違う*2キャストの歌を聞いたら怒りで隣の人殺しそうで、珍しく字幕を見に行ったが、ビジュアルの情報というそもそもの問題だった。

ちなみにエマ・ワトソンの歌は最高だし、ダン・スティーブンスの声はいいし、ガストンの再現率が高くて*3爆笑だった。ラストは拳高らかに上げて「ガストンを殺せー!!」と応援したくなるし、往年の美女と野獣ファンはアニメを見返してから行っても楽しめるはずだ。少なくとも歌は覚えていく日本語訳の部分の違いが楽しめるし、歌詞の和訳を見なくていいから楽です。

全体にはアニメにはなかった歌もあったり、アニメを壊さない程度の改変、というより補足もきいててよかったと思う。
本当に、黒人がこの時代奴隷以外に存在していたという、視覚情報がすごいから、これを許すのに若干の時間が必要だ。2回目も映画館で見たいけど黒人キャストに慣れてから落ち着いた精神状態で見たい。

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

*1:トランプ政権とか

*2:ゴーストインザシェルがアニメと同じ声優を使ってくれたから余計にそう思う

*3:生卵は飲まないにしろ、めちゃくちゃツバ飛ばしてた

皆川竜起、恋を知る「横顔と虹彩~イエスかノーか半分か 番外篇~」

ディアプラスはちょっとKindle化が遅い。イエスノー1巻から好きだった皆川竜起編ということで、すごく! 楽しみにしていた!!

チャラチャラしていて緊張知らず、挫折しらずの皆川が、初めての挫折、緊張、初めての本気の恋というニヤニヤが止まらないお決まりのセット。好きになる相手が「人のもの」っていうのもニヤっとしてしまう。
新聞社を思い出す業界描写はさすがとしか言いようがない。お仕事ものの部分もしっかりしてます。

新鮮だったのは、前作まで裏表の激しい宮沢雪野のような見栄張大王・国江田を、外から見た様子が描かれていたこと。
今までは本人視点でしか語られていなかったのが、深から見ると、できるアナウンサー感がビシビシ伝わってきて、改めて国江田さんの能力の高さに感心してしまった。

皆川の相手を務める名和田深も、一穂作品ではお決まりの、ひっそりした受けでメインカップルより好きな組み合わせでした。