お読みあそばせ

もはやただの日記

お読みあそばせ

2年ぶりの続編、犬系男子エロシチュ、今度はヒーローの目線になる

結論からいうと話がよくなってて驚いた。というか、前作が短かったのはこの布石だったのかぁ〜! やっぱりね、わたしは信じていたよ! とわかり顔をするなどした。

こっちが前作。

陽キャで誰にでもかわいがられる犬系男子櫻澤晴輝(おうさわはる*1)に目をつけられた陰キャぎみのヒロインちゃんが、いいようにされてしまうありがちな展開。エロにおける定番は大事なんだけど、この男の執着がやばい。個人差はあると思うが。
陰キャの執着はわかりやすいけど、陽キャの執着はやばい。

前作ワンコな後輩〜、では仕事でヘマして落ち込んだ後輩を演じ、酔ったふりして「なにもしないから」でラブホに連れ込み、「ほんとになにもしないわけないでしょ? 僕のせいにしていいから。ねっ?」で一発。
気まずい翌日、会社の資料室で生で一発。ボーナストラックでは家に連れ込まれて、最後にやっと告白してないことに思い至りセフレじゃなくて好きなんです、というオチ。
人気サークルで3000DLのボーナストラックがほぼ確約されていたからよかったものの、3000DLに至らなければセフレのまま終わっていたところだったぞ!

犬系男子嫌いじゃないし、一条ひらめさんのかわいさもいいんですけど、とにかくヒロインが嫌だと言ってるのに生で、あまつ会社の資料室という危険な場所でやるのは大変よろしくない! しかも陰キャが断れないのをいいことに、おねだりさせたり、それは紳士のやることじゃないぞ! と思っていました。

で、続編が出るということで楽しみにしていたんですが、大変よかったです。
前作でわたしはヒロインちゃんは結構無理やりさせられてると思っていたんですね。櫻澤晴輝……というか一条ひらめさんのワンコ演技とかわいさでマスキングされてるけど、こいつやめてって言ってるのに無理やりやるし、生でやるし、何度もやるし……かわいさでマスキングしてるだけでこれ強姦ですよ!? 無理矢理はよくない、同意のもと無理やりするのはいいけど! と思っていました。

でもね、違った。ヒロインちゃん、いわるゆエロ系委員長みたいなキャラだった。大好きなんですが、最近のエロ系委員長って、すぐ淫乱になっちゃうし、なんなら最初から淫乱なのを自覚してエロが本性、委員長を装っているというのが増えてきたから気づかなかった。
押せ押せの犬にみせかけてめっちゃ執着が強くて、好きな子はじらしてじらして辱めて我慢させたい陽キャと、エッチ? そんなの恥ずかしくて無理・彼氏も何年もいないし手をつなぐのも何ヶ月かかかります〜、という陰キャだが性質的にはMで一回突っ込まれちゃうとすぐグズグズになっていまい、かわいい犬の言うことは聞いてしまいがちなヒロインという、凹と凸の組み合わせ、というのがわかるストーリーになっていました。

前作ではヒロインちゃんの側にたち「ヒロインちゃんに無体を働くな、ばかやろう!」と思っていたのに、今作は櫻澤晴輝の側にたち「わかる……! これはいじめてしまう! おねだりできるまでじらしまくってしまう!」となってしまう魔のシナリオ。
これから購入する人はぜひ後輩と恋人の両方を買って楽しんで欲しい(現在セール中です)。

トラックには本編にいたるまでのストーリーが語られているカウントダウンと、オオカミな同僚の獣欲のヒーローで、櫻澤晴輝の同期、三峰尚輝(みつみねなおき)目線で語られる櫻澤晴輝のトラックが入ってます。

オオカミな同僚の獣欲は普通にめっちゃ好きでした。そのうち付き合うことになるだろうと思っていた女がそうならず、脅迫してエッチしたらじつは「昔好きだったのになんで告ってくれなかったの、バカ!」という展開になるやつ。最初強姦だけどこのヒロインも結構積極的な押せ押せ気質だから、安心して楽しめます。
エロシチュ、あまり登場キャラ以外から語られることがないので、こういう……作品の世界を広げるようなおまけは大好きです!

しかしこの営業部、後輩も同期も課長も性欲絶大でびっくりする。課長も羊系男子とかいうよくわからん性欲絶大男だし……。どうなっとんのや*2。GW中はクーポンも発行されているし、シリーズ自体もセール中なので、最近聴くエロシチュがないな〜、という人は是非聞いてみてください。
white mistさん、他の作品もシナリオ・エロどちらも濃い目でラブラブ作品が多いですよ! あとよくセールしてくれるから助かります*3

以下日記

にじさんじ4th Anniversary Live "Fantasia"(中止)

届いた。もともと家に創作同人の、架空のサーカスの公演ポスターを飾ってたので部屋に絵があるとしっくりきます。見えるところにかけたいけど、模様替えしたので常に目に入るところにかける場所がないんだが。

グッズとしての売上はよくないんだろうけど、アクリルスタンドよりポストカードのほうがずっと欲しい。
ポストカードを買って、それにあう額縁を探して、マットをいれて飾る。それだけの手間をかけるというのは、アクリルスタンドをぽんと置くだけより、かなり上等な感情だと思います。ちなみにポストカードを飾るときはキャビネ判(2L?)の額縁がいいっすよ。マットも大きめの画材屋さんとか、額縁屋さんにはそのくらいのサイズが売ってる。大丸藤井セントラルには売ってた*4
幸い札幌には何軒か額縁屋があるので助かります。ただ飾るのが立派な絵じゃなくて、オタクのポストカードだから恐縮度合いが服屋の非じゃないけど。

*1:エロシチュ界隈も20年前のHNみたいな名前が多いなほんと。

*2:BLのスピンオフ、気づけばまわり男カップルだらけみたいな世界観、クスッとなるからわたしはわりと好きです。

*3:セールしてると人におすすめしやすい!

*4:札幌で一番でかい画材屋。額装もしてくれる。