お読みあそばせ

本とか映画の感想文

スカーレットネクサス、話を重視するゲーマーはやろう!

面白すぎて一気にラスダンまで進んでしまったので、クリア直前レビューです。
話はめちゃくちゃ面白いです。メインシナリオライターが、テイルズ・オブ・シンフォニアやテイルズ・オブ・ジ・アビスの方なので、端的にいえばパーティーメンバーかそれに準ずるキャラが死んだり、メンバーの思惑が個人でバラバラだったりするのが好きな人やJRPGが好きな人には間違いなくおすすめです。

いいところ

  • シナリオがはちゃめちゃにいい(JRPGが好きな人間)
  • アクション爽快、だけどほどほどに歯ごたえがある
  • メインシナリオは暗いけどサブシナリオはかわいい

メインシナリオは前述の通りTOSTOAの方が担当しているので、人は死ぬし、メンバーの意思統一されてないし、四方八方から権力とか謎が迫ってくるし、そういうのが好きな人は大満足できると思います。
カサネ編からはじめたんですが、カサネの成長がちゃんと描かれているところがいいですね。最初姉しか目に入ってないし他のことには興味ないクールガールだったのに、事件と謎を重ねることで周囲を見ることができるようになっている。ラストでチームが合流してからのカサネは「大きくなって……」と親心100%だった。
しかしカサネ編、男子とのイベントより女子とのイベントのほうがいちゃいちゃしてるのは気のせいでしょうか? かわいいからいいけど。

人の感想を断片的に見ると、やはりユイト編のほうが主人公って感じみたいですね。カサネのほうはユイトをやってからやったほうがよかった、という意見が多いようですが、好きなキャラを先にやると「もういいや」になりがち人間なのでカサネからはじめました。別にどっちからはじめてもいいと思います。プレイ時間は2人あわせて60時間くらいになりそう。
乙女ゲーではよくいうんですが、話は金太郎飴じゃなさそう。物語は同じ時間で同じ話なんですが*1ユイトとカサネは物語の節目節目で何度か戦うものの、まったく別ルートで別の真相を掴むのでユイト編もカサネ編もお話は楽しめるんじゃないかと思います。

PS4版をSSD換装ずみのPS4でやっているんですが、ロードでいらつくことないし快適です。ただXbox版みてると30fpsはやっぱりもっさりはしていますけど。

おしいところ

  • 周回がかったるい
  • エストをやる必要性があんまりない

スカーレットネクサスはメインシナリオパート(基本的に寄り道不可)、と休憩パートで明確に遊べる場所が限られています。クエストは休憩パートでやるんですが、難易度ノーマルでも中盤まではクエストやらなくてもいいんじゃない……? ていうくらい、クエストがトロコン用です。終盤だと武器素材がなかったりちょっとレベル上げしたくて、素材集めついでにクエストやるか、という塩梅(個人差あり)。
エスト報酬も順当に進んでればとくに欲しいアイテムではないんですよね。
内容も「こういう方法で指定の敵倒してね」というかったるいめの内容です*2
私は後半、お話が気になりすぎてサクサクすすめるために難易度をイージーにさげました。それでも「こんな簡単に死ぬ?」ってほどじゃなく、ペルソナで弱点きめてフルボッコする程度の爽快感ですけど。

で、武器素材がまあまあレアなので1周でドロップせず何周かするんですが、一度アジトに戻らないといけない(しっかりロードをはさむ)のがまあめんどくさい。画面切り替えや、全体マップからの再度入室でリポップして欲しいですね。

スタイリッシュ紙芝居について

私は嫌いじゃないです。何度も言っていますが、今日本でゲームを作るのはコストと制作時間がまったく噛み合っていない(らしい)。あとゲームの解像度。解像度の高いゲームが増えているから、解像度の低いゲームは魅力が少なく思えてしまう。
だからフィルムコミックみたいなスタイリッシュ紙芝居にしたのは悪くないと思います。紙芝居っていう制限をつけることで、そこの解像度が保たれてばいいから。紙芝居から戦闘・ムービーの入り方も「なるほどね〜! これはかっこいい」という感じだし。
キャラの3Dモデルがめちゃくちゃかわいいので、ムービーやフィールドでもっと見たかったな〜とは思いますけど。アニメも2次元じゃなくてゲームの3Dそのまま使ったやつで見たかった*3

ちなみにスタイリッシュ紙芝居中の、セリフオート進行がいままでやったゲームのなかで一番スムーズです。声優さんたちも気持ちはやめに読んでるのかな。セリフ読みが遅くてだるくなることもあんまりない。デフォルトがセリフオートなだけあります。

個人的にはスキルポイントがもらえるアイテムがほしかった

スキルがね〜〜、あがらない、後半。スキルツリーのゲームはいろいろやったんですけど、レベルアップ以外でスキルポイントが貰えることがあってもよかったかもね。二段ジャンプや受け身みたいな、戦闘中ほぼ必須のスキルもツリーに組み込まれているし、そのスキルがないと達成できないクエストや行けない場所もあるので。

まとめ

まあこんな感じで、お話を重視するゲーマーにはめちゃくちゃおすすめです。
スタイリッシュ紙芝居もわたしは新しいと思うし、アニメ連動型のクエストもあってちょっと笑った*4

RPGが好きな人には……どうかな、戦闘がスタイリッシュだけど複雑で工夫は必須だから、イージーでもアクションが苦手な人は途中で泣くかもしれない。ニーアみたいにオート回避しないし、主人公にターゲットが集まりすぎるし、ふんわりでやっていると被弾は避けられないです。SEKIROクリアできててもめちゃくちゃ被弾はする(笑)。そのわりに敵から回復アイテムが落ちたりしないから*5、レベル上げるために周回が必須なんだけど、前述の通りリポップしないから周回がめんどうなので。
そういう部分がちょっとおしいかな。でも本当にお話は最高ですよ。

*1:ニーアオートマタみたいにキャラを変えたら別のEDで、時間軸がすすんでいく、というわけじゃなさそう。

*2:個人的な意見ですがおつかいクエストはただでさえかったるいので、クエスト内容が敵を○体倒してね、とかアイテムを○個納品してね、とか簡単なのにして欲しい。指定の方法で敵を倒すの、本作はまあまあめんどくさいです。信頼度が高かったり、特定のスキルが必要だったりする。しかも操作になれた中盤以降でクエストが増えてくる。おつかいクエストは操作になれない序盤に欲しい。

*3:3Dアニメが好きなので。シドニアとかアルペジオとかブブキブランキとか。

*4:毎週アニメの中で発表されるキーワードを入力する方式。アニメ終了後はパスワード公開してもいいよ、とゲーム内で説明があります。

*5:武器は基本的に前の武器を素材で改造して強くします(金銭不要)。後半ドロップしなくなるから、私は2世代くらい前の武器のまんまです……。お金は余りがちになるのでお店で購入すればOKだけど、湯水のように使ってるとお金は不足しがちです。とくに金策が「装備品やスキルでドロップ金額を多くする」以外にないのできついかも。