お読みあそばせ

本とか映画の感想文

原作読まないまま映画を見たけど、こりゃーみごとな風刺映画「帰ってきたヒトラー」

発売直後から気になっていたものの、ハードカバーは高いしかさばるし、でKindleが値下げされるのを待っていたら、文庫になり、Kindleも分冊してしまい、ずるずると原作を買っていなかったのを、映画で見ました。
ほんとうに見事な風刺作品で、これをドイツ人が書き、ドイツ人が映画化したのは、すごい時代がきたもんだ……って感じです。

簡潔にいうと、「ヒトラーが蘇ったけど、みんなそっくりさんだと思ってモノマネ芸人として大ヒットした」。

これは洋画あるあるで仕方のない部分だけど、現地語や文化がわかればもっと笑えたし、ゾッとできたんじゃないかと思う。
YouTuberがヒトラーをレビューしたり、ヒトラー水曜どうでしょうみたいなことしたり、ヒトラーにインターネットを教えたりする、細々な仕掛けがすごく今風でクスッとしてしまう。
風刺なので、省みる部分もあって、ドンと落とされたあと、それでも不敵で堂々としたヒトラーにゾッとさせられました。蘇ったからには土に帰るかと思ったから。
ラストも含めて、とてもシュールな笑いに包まれている。「ヒトラー最後の12日間」を思い出すシーンもあって爆笑してしまったんだけど、隣で見てた母は「なんのこと?」って感じだった。

ちなみに本作のヒトラーはcv飛田展男さんです。よかった。私はナチ映画では、「ミーシャ/ホロコーストと白い狼」*1とか「ヒトラーの贋札*2が好きなんですが、これはまた違った趣でよかったです。
結構軽い気持ちで見られたし、軽い気持ちでみてこその驚きでした。ポテトチップとコーラ片手に見ましょう!

ミーシャ/ホロコーストと白い狼 [DVD]

ミーシャ/ホロコーストと白い狼 [DVD]

*1:狼好きな人はみましょう!おおむねもののけ姫です

*2:職人がめっちゃがんばる話しです