読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お読みあそばせ

本とか映画の感想文

お兄さんと美少女の”知る”をめぐる旅「know」

とタイトルに書いたものの、これはひとりの天才から派生した、ふたりの天才を観測した弟子の話だった。端的にいうと、やや性にだらしないお兄さんと、魔法使いレベルの天才美少女の話である。萌えた。

最初に言っておくが私は「正解するカド」を見ていない。dアニメストアで配信されてないからだ。本作はKindle端末を買ったときに購入して、端末の奥底に眠っていたのを思い出して読んだ。もっとはやく読んでおけばよかったと後悔している。ちなみに、講談社タイガの「バビロン」も積んでる*1

SFの仕上がりとしてはSFというよりラノベなので、SF難しい…という人も気軽に読んで欲しい。脳に電子葉なるものを埋めて、デバイスの必要なしに情報を取り扱える、という設定はSFでは珍しいものではない。
じゃあ何がいいのかというと、圧倒的に青年と美少女の妙である。前半の不真面目っぽさを強調するなら野島裕史? 青年感を出すなら前野智昭とかもあり? 少女は早見沙織がいいけど、高橋李依とかもリアルだな…とか考えてしまう。萌え小説としては硬派だけど、萌えざるを得ない。
すべてを超越した美少女と、斜に構えてる青年が! 萌える!! 最初に書いたとおり、青年はやや性にだらしないし中学生ともセックスするぞ!

ところで頭の中にチップがあって、調べ物をする際に端末を触る必要がなく、考えただけで必要な情報が半自動的に目の前に表示される……。便利だと思うけど、Google検索でときどきある偶然のおもしろ結果は得られなくなってしまった未来だな、と思った。あと意味もなく「からあげ」とかで検索することもなさそう。
このあたりの映像は、3D映画にするとはえそうだし、ネタ的にもアニメにしたら面白そう。待ってます。

know

know

*1:つねに何冊か読んでない本がないと落ち着かないのである