お読みあそばせ

本とか映画の感想文

主人公が好きになれるかどうかで評価が変わると思う「虐殺器官」

初めて読んだのはずいぶん前で、映画を見ても内容をはっきりと思い出せないほどだった。もちろん映画の前に読み返す、という無粋なことはしない。
映画を見終わって改めて読み直した。かなりゆっくり。

虐殺器官とハーモニーどちらが好きかと聞かれれば、ハーモニーの方が好きなのだが*1、結末は虐殺器官の方が好きだ。
同意書にサインして母親を殺したこと、軍人として人を殺していることに実感のない彼が、ルツィアが死ぬのを目の前でみて、はじめて死を実感し、ジョン・ポールの言葉に耳を傾け、選んだ結末、最高じゃない!? 銃弾の音をBGMに部屋でのんびりピザ食ってる絵!
しかしそこは映画ではカットされているのだった……。

主人公の一人称で進むので、普段あまりSFを読まない人にも読みやすいのではないかと思うけど、一人称の弱点は、主人公が嫌いだと読めないことだ。
ラヴィスのかなりマザコンで、少年のままの感じ、私は好きだけど。映画では中村悠一の声で喋るので、記憶にぼんやり残るクラヴィスの内面とのギャップが発生し、たまらない萌えだったけど。

外面と内面がちぐはぐな彼が、母の記録を見て、空虚になったところに、あの結末を選択した、ということが私にとってはすごい浪漫だったのだ。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

*1:シーンの美しさが好き。BLより百合の方が圧倒的に美しさが強調される気がする。腐女子だけど