お読みあそばせ

本とか映画の感想文

映画

この背中についていきたい「HiGH&LOW THE MOVIE2」

見てきました。 THE MOVIE、通称ザムから入ったこの世界。当時は立木文彦のナレーションと、流星街みたいな無名街の大爆発、背中を切られてもなお美しい窪田正孝のインパクトに圧倒されて、ドラマ版を履修。 チームのカラーをざっと把握したところで間をおか…

CMとタイトル詐欺の問題に目をそむけられなくなった1本「怪盗グルーのミニオン大脱走」

ミニオンが注目されはじめたのっていつ頃からでしょうか。1作目から見ている者としてはアレです。「ああ、こんなにメジャーになってしまって……」という気持ち。 本作は「ミニオンズ」も含めるとグルー4作目でしたが、イルミネーションスタジオはそろそろ続編…

米林監督の巣立ちを感じさせる映画だった「メアリと魔女の花」

公開初日のわりにそんなに混んでなくて、夏休み前だからかな〜? というのが第一印象。映画はいろいろ惜しい部分もあったけど、米林監督の巣立ちアニメとして、これ以上のものはないのでは!? よかったです。 これ、当初見に行くつもりはなかったんですが、…

原作読まないまま映画を見たけど、こりゃーみごとな風刺映画「帰ってきたヒトラー」

発売直後から気になっていたものの、ハードカバーは高いしかさばるし、でKindleが値下げされるのを待っていたら、文庫になり、Kindleも分冊してしまい、ずるずると原作を買っていなかったのを、映画で見ました。 ほんとうに見事な風刺作品で、これをドイツ人…

コンロの置き場所が気になって全然集中できなかった「ダブルミンツ」

長年腐女子をやっていて、じつはBLの実写映画をみるのはこれが初めてでした。地方都市の映画館ではやらなかったのに、ダブルミンツはなぜか、ユナイテッドシネマでやっている。 これは見に行くしかないということで行きました。作り手が原作を大事にしたんだ…

魔法科としてはよかったけどキャラが多いと大変だな〜「劇場版魔法科高校の劣等生」

公開2日目の日曜日。札幌ではまだ特典がもらえましたけど、首都の方ではなくなったところも多かった本作。客層はSAO以上に男性が目立ちましたが、他の劇場はどうだったんでしょうか。 見終わったあと、後ろにいた男性たちが「お兄様めっちゃかっこよかった〜…

そういう映画じゃないけどFBI特別捜査官にめちゃくちゃ萌えてしまった「パトリオット・デイ」

見ました。結末はわかってても見たくなる作品は、よい作品です。ミステリー小説は犯人を先に読むタイプの女、私。 犯人がわかっても、そこに至るまでが気になったらそれは読むに値する小説です。たまに経過もわかってしまい「やっぱりね〜時間の無駄だったわ…

BLの足音が聴こえる「ちょっと今から仕事やめてくる」

映画館でCMを見て内容は気になるものの、どうかなと思っていた映画であった。母にその話をしたところ、ラストのネタバレまで聞いて、BLの気配がしたので見にいった。 行きつけの映画館の、一番奥の、席の斜度がほとんどないような小さな部屋での上映。中央よ…

帰ってきたシャマラン「スプリット」

シャマラン監督の名前に聞き覚えなくても、我々世代なら「シックス・センス」くらいは知っている。「アンブレイカブル」「サイン」くらいは見てるぞ。 そんなシャマラン監督が帰ってきた! 風キャッチコピーの、多重人格ものミステリー映画でした。 多重人格…

行ったことないけど井の頭公園が100周年記念だそうで「PARKS」

いろいろ調べました。なにしろ行ったことがないから。映画ではすごく広そうだった。 正式名称は「井の頭恩賜公園」。100年前の5月に開園して、面積は約41万平方キロメートル。北大札幌キャンパスの1/3くらい。大通り公園の4倍くらい。 面白いなーとずっと思…

不自然に黒人が多いけどいろんな都合があるししょうがない「美女と野獣」

世の中にはジブリ映画で育った子どもと、ディズニー映画で育った子どもがいて、これはしばしば夫婦間でも問題になっているらしい。 我が家はディズニーで育てられ、ディズニーオタクではないにしろ、それなりにディズニー過激派である。しかし今作はエマ・ワ…

実写のビジュアル情報がリッチすぎて逆にCGかよ……「ゴースト イン ザ シェル」

見ましたよ。実写版攻殻機動隊「ゴースト イン ザ シェル」を。 当初テレビでの紹介が「過去のない少佐が過去を求めて戦う」でいや〜違うっしょ〜と思ったのだが、見に行ってよかった。これは攻殻機動隊に名を連ねていい映画であった。 吹き替えで見に行った…

川の流れのようにスムーズな話作りと深読みしがいがあった『ひるね姫』

これの前にSINGを見たせいでどうしても比較してしまう。SINGがバン! バン!と大胆に場面を転換するスピード感のある映画なのに対し、ひるね姫はストーリーがぬるっと繋がっている感じ。 このへんはさすが神山監督だな〜と思います。そもそもの話作りがとて…

経営者として根本的に終わってるバスター・ムーンを、最後の歌で全部ぶっとばす映画『SING』

大人になると「いやいや、ありえんでしょ」と思うことが増えた。大人なうえ、嫌らしいオタクなのでたとえアニメでも、分かりきったゲスを見るとイラッとする。 本作の劇場支配人バスター・ムーンがまさにそれだった。 貧乏なら貧乏でいいじゃん! 夢があるな…

プリンセスではなくむしろ王だった「モアナと伝説の海」

ビジュアルはCMよりかなり好きだった。人物の凹凸のないふっくらした体。どうかな、と思っていたけど画面の中活発に動く人間に説得力があった。岩登りしたりイカダで航海するなら、手足太いほうがいいよね。 ストーリーは出だし、(リトルマーメイドの)アリ…

賛否両論、噂の映画『LA LA LAND』見てきた

結論からいうと私はセブ派の女です。 さて、世の中には男がいないと生きていけない女がいる。私は「いや、いいんだ。いいんだけど、週末ごと彼氏なるものと遊びにいくのが非常にめんどくさい。自分がとくにそういう気分じゃないのに人と遊ぶの、給料欲しい」…