お読みあそばせ

本とか映画の感想文

淡々と事実を切り取ったものの画角が全然あってない「ダンケルク」

を、見ていました。8月から9月にかけて結構映画を見たと思ったんですが、思っていただけで、ハイローを4回も見ていたからで、他はダンケルクとスクランブルしか見ていませんでした。 ダンケルク、淡々と事実を描写した感じが好きでしたが、映画を見慣れて…

この背中についていきたい「HiGH&LOW THE MOVIE2」

見てきました。 THE MOVIE、通称ザムから入ったこの世界。当時は立木文彦のナレーションと、流星街みたいな無名街の大爆発、背中を切られてもなお美しい窪田正孝のインパクトに圧倒されて、ドラマ版を履修。 チームのカラーをざっと把握したところで間をおか…

CMとタイトル詐欺の問題に目をそむけられなくなった1本「怪盗グルーのミニオン大脱走」

ミニオンが注目されはじめたのっていつ頃からでしょうか。1作目から見ている者としてはアレです。「ああ、こんなにメジャーになってしまって……」という気持ち。 本作は「ミニオンズ」も含めるとグルー4作目でしたが、イルミネーションスタジオはそろそろ続編…

米林監督の巣立ちを感じさせる映画だった「メアリと魔女の花」

公開初日のわりにそんなに混んでなくて、夏休み前だからかな〜? というのが第一印象。映画はいろいろ惜しい部分もあったけど、米林監督の巣立ちアニメとして、これ以上のものはないのでは!? よかったです。 これ、当初見に行くつもりはなかったんですが、…

原作読まないまま映画を見たけど、こりゃーみごとな風刺映画「帰ってきたヒトラー」

発売直後から気になっていたものの、ハードカバーは高いしかさばるし、でKindleが値下げされるのを待っていたら、文庫になり、Kindleも分冊してしまい、ずるずると原作を買っていなかったのを、映画で見ました。 ほんとうに見事な風刺作品で、これをドイツ人…

お手本のような同人誌だと思う「お医者さんのお引っ越し」

本作は「お医者さんにガーベラ」「お花屋さんに救急箱」に続く3本目*1。お医者さん(受)とお花屋さん(攻)の仲もほとんど夫婦になり、家(花屋)をリフォームして二人の終の棲家にしましょうかという話しです。 リフォームといってもボロ家なので、ほとん…

幸せで濃密なエロにエロを重ねても破綻なし!「四獣王の花嫁」

エロいBL小説が読みたいとき、思い浮かぶ作家は重めの作風で、もっとハッピーでぐずぐずのエロが読みたいんじゃい! そんなときは本作です。*1 ものすごく端的にいうと幸せで綺麗でかわいい肉便器と、幸せで仲良しの穴兄弟。4Pが2回、2Pが2回、触手の尿道責…

お笑いBLの描写は耽美であればあるほど笑えてしまう「妖精ハンター×DT 〜四十歳童貞男の逆襲〜」

童貞が魔法を使えるようになるBLは何冊かあります。 本作はハードボイルドBLが得意の著者の、お笑いBL。同じような濃厚な描写が味付けでこれだけ笑えるのはお見事です。 本作については感想をどうこう述べるより、引用ツイートを見てもらった方がはやいので…

魂のBL「ショートケーキの苺にはさわらないで」

すでに1回は読んでいるんですが、近々スピンオフがでるので改めて読みました。いや〜〜〜〜、魂のBLですわ。 商業のBLには肉体関係がほぼ必須、といわれているのは、やはり肉体関係が言葉にせずとも分かる、男と男が真に愛し合っている証拠だからだと思いま…

水筒買った(THERMOS、500ml)

水筒は、350mlのものをすでに持っています。こんにちは。 それの問題は、水筒の口径がそのまま飲み口になっていて、水の残量が減るにしたがい、口から水をこぼしてしまうこと……。子どもかい。でもやるよね!? 残量がわからないから、恐る恐る傾けて「ゴボッ…

ついに「蒼穹のローレライ」

何かを語ろうとすると、物語の確信に触れねばならないので、あらゆるネタバレを許容できる方のみ読んで下さい。

コンロの置き場所が気になって全然集中できなかった「ダブルミンツ」

長年腐女子をやっていて、じつはBLの実写映画をみるのはこれが初めてでした。地方都市の映画館ではやらなかったのに、ダブルミンツはなぜか、ユナイテッドシネマでやっている。 これは見に行くしかないということで行きました。作り手が原作を大事にしたんだ…

魔法科としてはよかったけどキャラが多いと大変だな〜「劇場版魔法科高校の劣等生」

公開2日目の日曜日。札幌ではまだ特典がもらえましたけど、首都の方ではなくなったところも多かった本作。客層はSAO以上に男性が目立ちましたが、他の劇場はどうだったんでしょうか。 見終わったあと、後ろにいた男性たちが「お兄様めっちゃかっこよかった〜…

富士フィルムX70買った(中古で)

私はnexus5ユーザーである。問題はカメラがiPhoneと比較して、かなり、よくない。 反対にiPhoneのカメラはすばらしいと思う。新聞一面広告でもすげーなって思うんだから、それはもうすごいのだ。4.7インチ32GBのiPhone7、税別72,800円のうち、6万円くらいは…

週末映画ライフについて

以前は俄然DVD派だった*1のだが、いかんせん平日一歩も外へ出ないのもザラで「やばい不健康すぎるし精神も病みそう」と思い、外に出る手段のひとつとして、映画を外に見に行こうと思ったのがはじまり。 月1本として、年12本観るなら会員カード作ったほうがお…

世界観がしっかりしていて2巻もめっちゃ楽しみ! な「天空の翼 地上の星」

中華ファンタジーと聞くと「十二国記」をどうしたって思い出してしまう私です。こんにちは。 慣れない国が舞台だと、登場人物の名前が覚えられなかったり、文化背景に疑問がでてきます。いつもそこで購入を悩んでしまうけど、和風ファンタジーは少年陰陽師で…

ひとりぼっちだった少年の、もう失われた世界の話し「K SIDE:GREEN」

まさかスクナにそんな過去があったなんてね。 アニメ「K」のスピンオフ小説であるが、Kはそもそもアニメで描いているのは、一番派手なシーンだけなので、オタクが喜ぶキャラクターの掘り下げは小説やマンガを読まないと、ほぼ全くわからない。 不親切な設計…

泥水の中の歪んだ愛と希望、そこから生まれる幸せ(?)な未来について「のばらセックス」

イエーイ! セックスしてますか!? と出だしましたが、この本そういう話しではない。タイトル通り歪みきった世界で唯一の女として生まれたおちばちゃんが、多くの男根を突っ込まれても、めげずに愛を信じ、自分の未来を信じ戦う精戦である。誤字ではない。 …

そういう映画じゃないけどFBI特別捜査官にめちゃくちゃ萌えてしまった「パトリオット・デイ」

見ました。結末はわかってても見たくなる作品は、よい作品です。ミステリー小説は犯人を先に読むタイプの女、私。 犯人がわかっても、そこに至るまでが気になったらそれは読むに値する小説です。たまに経過もわかってしまい「やっぱりね〜時間の無駄だったわ…

無性にマッサージに行きたくなる「今夜もカネで解決だ」

ジェーン・スーの噂のエッセイを読みました。なぜなら私もマッサージが好きだからです。というか、いい年になったらいい感じで働くためにマッサージに行くのは必須です。もはやマッサージはご褒美ではなく、治療。 私の行きつけはいくつかあり、中でも某治療…

BLの名手・凪良ゆうの綴るBL以外の愛の形「神様のビオトープ」

集英社オレンジ文庫から「きょうの日はさようなら」を出した一穂ミチに続き、BLの名手が一般向けに書いた本。講談社タイガが発表されたときに、名前を見つけてこの日をどれだけ待ちわびたか。ちなみに一穂ミチの名前もあったのでそちらも楽しみにいしている…

BLの足音が聴こえる「ちょっと今から仕事やめてくる」

映画館でCMを見て内容は気になるものの、どうかなと思っていた映画であった。母にその話をしたところ、ラストのネタバレまで聞いて、BLの気配がしたので見にいった。 行きつけの映画館の、一番奥の、席の斜度がほとんどないような小さな部屋での上映。中央よ…

当時改装に改装を重ねHTMLとCSSは覚えたけど、メンテということを知らなかった当時のわたしへ「CSS設計の教科書」

プロジェクトにはしばしばある。「とりあえず見られるように作っておいて、後からちゃんとしたものに差し替える」。どうすればいいんだろう。だいたい、すでにあるSCSSにはなるべく手を加えず、新たなSCSSを書く。 アンスコでライブラリにしてしまえば、それ…

気分はまさに奴隷愛好家「熱砂と月のマジュヌーン」

もともと同人誌だったので、過激(作者のマイナーな趣味)なのは言うまでもなく。 BLでアラブものというと、まかり間違って奴隷として売られた受ちゃんが、優しい王子に買われたりする感じを想像しますが、今回は違う。木原音瀬だから。 今作の受けちゃんは…

チューブトップの季節がやってきたので、ユニクロとGUを比較した

オフショルの服を着るときにブラチューブトップがあれば便利と言われていますが、別にオフショルじゃなくても便利です。 薄い服の下にブラとかキャミソールの紐が透けると萎えることがありますが、チューブトップなら紐がないので安心。胸のカットがまっすぐ…

知っていたらこんなん笑うわ「池袋カジノ特区 UNOで七億取り返せ同盟」

とられた金を取り返す。あるいは自らの実力を証明するため、ギャンブルに挑む物語は多い。知略とギミックを駆使して戦う姿に、心が熱くなる題材だ。ルールが分からずとも。 ブラックジャックが分からなくて「マルドゥック・スクランブル」を投げた人も、麻雀…

背中合わせの無数の世界「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」

パラレルワールドのSF小説。作者がラノベも書いているのもあり、だいぶラノベよりで読みやすい。一気に読んでしまった。 この小説は同じ人間が主人公の、別々の世界の物語である。ここで「どっちから読むか問題」が発生する。どっちから読むかで物語の印象が…

帰ってきたシャマラン「スプリット」

シャマラン監督の名前に聞き覚えなくても、我々世代なら「シックス・センス」くらいは知っている。「アンブレイカブル」「サイン」くらいは見てるぞ。 そんなシャマラン監督が帰ってきた! 風キャッチコピーの、多重人格ものミステリー映画でした。 多重人格…

行ったことないけど井の頭公園が100周年記念だそうで「PARKS」

いろいろ調べました。なにしろ行ったことがないから。映画ではすごく広そうだった。 正式名称は「井の頭恩賜公園」。100年前の5月に開園して、面積は約41万平方キロメートル。北大札幌キャンパスの1/3くらい。大通り公園の4倍くらい。 面白いなーとずっと思…

またも好きな、ひっそりした受けと性にホンポーな攻め「さよなら一顆」

久しぶりに、リアルなディアプラス文庫を読んで、紙は白く、厚く、懐かしかった。しかしこんなに文字は小さく行間は詰まり気味だったっけ。Kindleで読んでいると、行間やフォントは統一されるので読みやすくなる代わりに、メーカーが工夫している温度は感じ…